SIMカード

様々なプランがあります

ビッグローブSIMは音声通話・データSIM(SMS付き・SMSなし)のプランを導入しており、様々な容量で提供されているので大容量の場合は家族で容量をプランに加入しましょう。ビッグローブSIMの特徴は、動画サイトや音楽サイトが無料で使えるエンタメフリーオプションがあるので、頻繁に使う方にお勧めです。

スマホ

気になる申し込み方法

格安SIMの中でも人気となっているのがビッグローブSIMです。申し込みをする際には近くに実店舗が無い場合にはwebで申し込むことも出来ます。公式サイトにアクセスして必要事項を入力することで、SIMカード一式が送られてくることになります。SIMカードをスマホに挿入し、設定することで利用開始出来ます。

レディ

満足度の高い格安SIM

ビッグローブSIMには実店舗があり即日利用開始することができたり、契約縛りがないなど携帯電話会社から気軽に切り替えやすい仕組みがあります。家族でデータ容量を分け合える仕組みもあるので、家族全員でも切り替える人が続出しています。

スマホ

契約時の注意点

ビッグローブSIMの音声通話SIMには1年間の契約縛りがありますが、データSIMには縛りがないのでまずデータSIMを使ってみると良いでしょう。ビッグローブSIMの実店舗では当日利用開始になるサービスがありますが、全ての店舗が対象ではないのであらかじめ調べておくようにしましょう。

SIMカード

上手な格安SIMの選び方

音声通話をメインに携帯電話を使っていた人は、格安SIMでも音声通話SIMを使い、データ通信だけを使っていた人はデータSIMに切り替えると良いでしょう。格安SIMのビッグローブSIMのデータSIMには契約期間が設定されていない上に、エンタメオプションがあり膨大な通信量でも格安で利用できます。

節約を検討している方に

スマホ

格安SIMでも珍しい内容

ビッグローブSIMには評判のいいポイントが多数あります。12GBプランやビッグローブWI-FIとオートコネクトによるモバイルデータ通信とWI-FI通信の自動切り替えもあります。また通話料半額のサービスもあり、これらが特筆してあげられる内容と言えます。その中でもビッグローブSIMで注目されているのが、12GBのプランです。格安SIMでは珍しいプランです。他のキャリアでは通信規制のデータ通信量の合計はどこも7GBなので、12GBのビッグローブSIMの珍しさは顕著です。大容量である事からシェアSIMを利用すると費用も抑える事が可能になります。シェアSIMとはデータ容量を分け合う内容です。データ通信量を気にする方には、ビッグローブSIMの6GB以上のプランが有益です。6GB以上のプランではビッグローブWI-FIの1ライセンスが無料になります。全国で83000箇所でWI-FIが利用できます。その場所も空港やコンビニ、カフェや駅なのでデータ通信量の節約にもつながります。ちなみにデータコネクトというアプリを使う事で、モバイルデータ通信とWI-FIを自動で切り替える事が可能になります。通信の制御を行えるので、バッテリー消費も抑える事ができます。費用もデータ専用SIMなら2916円と容量に対して格安と言えます。費用や自動でバッテリーや通信量を節約できる事が、ビッグローブSIMが注目されている理由と言えます。

Copyright© 2017 【利点を紹介】スマホ代の節約にはビッグローブSIMを利用しよう All Rights Reserved.