40代の綺麗を諦めない|化粧品チョイスは慎重に

woman

女性ホルモンと化粧品

女性ホルモン

woman

40代になるとお肌や健康の面でいろいろと問題が起こりやすくなります。人によっては30代からその症状が起こる人もいます。それでは、どのような症状が見られた場合に問題が起こりやすくなるのでしょうか。それは次のようなものです。肌が乾燥肌に変わった、体力が落ちた、免疫力が落ちたなどといった症状です。こうした肌や健康に悪影響をもたらすのは女性ホルモンの減少が関わっています。40代になると女性ホルモンが減少しやすくなります。実は女性の肌と健康には因果関係があります。たとえば、生理中は肌が荒れることが多いですし、恋愛をすると肌が綺麗になります。こうしたことは自身の生活を思い返してみると、心あたりのある人は多いでしょう。エストロゲンとプロゲステロンの2つの女性ホルモンが、女性の肌と健康を支えているのです。

化粧品

女性ホルモンであるエストロゲンが減ると、肌の水分が保持できなくなります。また、皮脂の量も少なくなるので、外部からのバリア機能が低下します。こうなると、乾燥肌になってシミが増えやすくなります。こういうことから、40代はお肌の曲がり角といわれます。肌の水分を補給するために基礎化粧品を使用することが大切です。特に、保湿化粧品を使用することがお勧めです。また、バリア機能が低下すると、紫外線によって肌にダメージを受けやすくなるので、基礎化粧品で水分補給が必要です。基礎化粧品を選ぶ上で重要なのがセラミドが配合されているかどうかです。これは保湿効果の高い有効成分です。40代になると基礎化粧品を選ぶ際にも、有効成分が入っているか確認することが重要になってきます。

Copyright©2015 40代の綺麗を諦めない|化粧品チョイスは慎重に All Rights Reserved.